Product List
Topics
2016年4月6~8日に東京ビッグサイトで開催された高機能プラスティック材料展において、三菱ガス化学(株)殿が展示したブースで、(株)メット・ジャパンの提供品としてCFRPテストピースが展示されました。
Companey
株式会社メット・ジャパン
神奈川県茅ヶ崎市赤松町5-25
Tel:0467-53-1300
Fax:0467-54-6064
E-mail:technolgy@met-japan.com
MET・JAPANのCFRP成形用装置

DCPD-RIM成形装置

<DCPD-RIM成形装置 SUPERRIM射出注入機>

DCPD-RIM成形法
ジシクロペンタジェンを主原料とする熱硬化性樹脂を使用して、剛性と耐衝撃性を必要とする成形部品、特に大型品をより安価に、素早く作ることができる画期的な成形法がDCPD-RIM(Reaction Injection Molding)成形法です。
メット・ジャパンは樹脂メーカーと協力して、客先に対応した成形装置(注入機、型締機、その他)の製作販売、金型メーカーのご紹介、成形品試作依頼への対応等のシステムサプライを行っています。
 
DCPD-RIM成形の魅力
●剛性、耐衝撃性に優れている
●大型、複雑な成形品に最適
●短時間で実現
 
Download
→カタログダウンロード(PDFデータ/容量:180KB)
 
consultation
→お問い合わせ・ご相談はこちらから
 
SUPERRIM とは
スーパーリムDCRシリーズはメット・ジャパンがDCPD-RIMのために開発した専用の注入機で、樹脂の物性・特性を充分に考慮してDCPD-RIM成形に必要な全ての機能を備えた装置です。
スーパーリムDCRシリーズには小容量から大容量に至るまであらゆるニーズに対応できるよう豊富な機種が揃っています。
 
DCRシリーズのフローシート
2成分A・Bの反応性樹脂をそれぞれの精密高圧メータリングポンプ゚により正確な配合比でミキシングヘッドに送り、一定圧力下で衝突混合させながら型内に連続的に射出し、反応固化させるRIM用注入機です。
ミキシングヘッドは完全なサイクルシステムを行う3方向切換弁を内蔵し、吐出切換時の応答を速やかに行えるよう設計されています。
注入射出終了と同時にミキシング部はセルフクリーニングされるのがRIM注入機の大きな特徴です。
 


(ミキシングヘッド作動原理)


(ミキシングヘッド)


(DCPD-RIMの成形プロセス)
 
装置構成部品概略仕様
<原液デイタンク>
・型式:窒素加圧、真空脱泡式
・容量:100又は200L(客先選定)
・材質:接液部SUS304
・温調:温冷水循環ジャケット式
・付属:低速攪拌機、上下限レベルスイッチ、温度計

<メータリングポンプ>
・型式:アキシャルピストンタイプ
・駆動:インバーター変速式

<標準装備品>
・温冷水循環ユニット
・コントロールパネル
・パイプライン
・原液自動供給ユニット

<着色(C)用3ストリームユニット>

<3ストリーム装置>
DCPD-RIMは基本的には2成分混合タイプですが、着色及びその他の目的で第3成分(C又はP・F液)を加え3液混合して使用するケースが出てきます(3ストリーム)。
本機にはオプションとして、3ストリームユニットを追加することが可能です。

<P・F液配合用3ストリームユニット>

◇P・F液デイタンク
・温調:温冷水循環ジャケット式
・型式:フィラー沈殿防止用攪拌機附属

◇メータリングポンプ
・型式:耐磨耗用ランスシリンダーポンプ
・駆動:モーター駆動油圧又はボールネジ

※P液は難燃材のことです。
※F液は高剛性材のことです。

 
標準仕様表

型式/性能

DCR-75 DCR-150 DCR-200 DCR-300
吐出能力(A+B)

19~75kg/min
0.3~1.25kg/sec

37.5~150kg/min
0.6~2.5kg/sec

50~200kg/min
0.8~3.3kg/sec

75~300kg/min
1.25~5kg/sec

成形品(目安)

1.0~25kg/1ヶ

2.0~50kg/1ヶ 2.5~66kg/1ヶ 4.0~100kg/1ヶ
所要電力(目安) 35Kw 65Kw